×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

薄毛の対策をしよう

薄毛で悩んでいる人は中高年の男の人だけではなく、現実には若い人や女性も例外ではありません。頭髪は休止期、成長期、後退期を経て生え変わっていて、ヘアサイクルと呼ばれています。2年から7年が正しいヘアサイクルですが、薄毛の問題を抱えている人はこのヘアサイクルが短くなりがちです。
髪が長く伸び続ける期間は、成長期と呼ばれる期間の中においてです。成長期が短くなると、髪が生えてから抜け落ちるまでの時間が短くなってしまうので、頭髪の総量が減少します。新しく生えた髪も間をおかずに抜け、髪の下の頭皮が見えるようになります。今はフサフサとした髪に覆われているけれど、薄毛の身内がいるために、将来が心配な人や、最近、髪の量が減ってきたように感じている人は、薄毛対策をすると良いでしょう。
当然ですが、毛が抜けるとその分薄毛に一歩近づきます。毛が抜けてきた気がする人は、薄毛対策に取り組みましょう。また、地肌のかゆさを感じている人は、頭皮の状態がよくなくて薄毛の一歩手前状態かもしれません。今、自身の頭髪がどのような状態になっているかを理解し、薄毛の危険性が忍び寄っているならばできるだけ早く対策を取ってください。

お金をかけずにできる頭皮マッサージ

薄毛の対策と聞くと、お金のかかるイメージがありますが、まずは、お金をかけずにできる髪のお手入れ方法を試したいものです。低コストの薄毛対策方法として、頭皮をマッサージする方法があります。マッサージすることで血行が良くなり、髪にも栄養が行き届きやすくなります。
シャンプーとの併用で毛穴に溜まった余分な汚れを落とすのも有効でしょう。シャンプーは低刺激のものを選ぶようにして、洗った後に頭髪にシャンプー剤が残らないよう丁寧にすすぎをしてください。注意点としては、洗いすぎを防ぐことです。健康な頭皮にはある程度の皮脂が必要です。頻繁に髪を洗う人もいますが、髪と頭皮の健康を目的として洗髪をするならば1日に1回程度にするべきです。スポーツの後などで髪を洗いたい日もありますが、1日1回を越えないようにしましょう。
ブラッシングも薄毛予防に役立ちます。髪の絡まりをほどくと同時にマッサージもできるので、血行促進になるのです。髪の乾かし方も、一歩間違えると薄毛の原因となります。髪や地肌に負担にならないようなドライヤーの使い方をしましょう。薄毛の予防をするなら、頻繁なドライヤーの使用は避けた方が良いかも知れません。

生活習慣を見直してみる

毎日の習慣を改めてチェックし直すことは、立派な薄毛対策です。新陳代謝が活性化している時間帯は、夜の10時から2時にかけてです。この時間帯に人の体は新しい細胞を作り出し、新しい髪を作り出しています。薄毛対策のキーポイントは、この時間には既に布団の中に入り眠っていることです。
ストレスは毛細血管を縮めて血流を悪くし、髪へ栄養が行き渡ることを阻害します。薄毛にならないためには、ストレス解消手段やストレスを軽減する工夫をすることです。といっても、過度の飲酒やタバコは血流を妨げるので、酒やタバコ以外の方法でストレス発散を行ってください。たんぱく質は新しい髪を作るために大事な成分で、肝臓で作られます。しかし、お酒の飲み過ぎは肝臓の働きを妨げます。
煙草は毛細血管を収縮させてしまいますから頭髪に悪影響があります。薄毛防止に必要な成分であるビタミンCも、タバコを吸うと壊れてしまいます。タバコは育毛の大敵なので、できれば縁を切ってしまいたいものです。数多くの栄養を摂取することで、抜け毛防止になります。髪の健康のためにも、日々の食事を通してビタミンやミネラル、そしてタンパク質をまんべんなく摂取しましょう。

Copyright © 2008 薄毛対策